保育ICTシステム「Kid’s View(キッズビュー)」の特徴や評判とは?

(日本ソフト開発株式会社)

Kid’s View(キッズビュー)の詳細、他システムとの比較や評判をまとめています。

「Kid’s View」は、日本ソフト開発株式会社が展開する保育システム。日々の保育業務の多忙なサイクル(指導計画作成→保育実践→子ども達の発達チェック→評価反省→指導計画作成)を全面的にサポートすることで、先生方の業務支援を図ります。また、要録作成システムを使うことで、要録や指導案などを簡単に作成できます。

  • 初期費用 Webサイトに情報は掲載されていませんでした。
  • 月額費用 Webサイトに情報は掲載されていませんでした。
  • ソフトタイプ WindowsPC/Mac/iOS/Android(クラウドタイプ)

こんな方におすすめ

  • スマートフォン・携帯電話との連動
  • ASPを利用し、簡単導入
  • 要録作成システムの導入
園児の情報を要録作成他、各種帳票やテンプレートが多数準備されて使い勝手がよいと感じます。加えて、どの端末から入力しても情報の連携が図られ利便性が高いシステムです。さらには、それらの情報をログオンした時点で、必要な情報のみ利用し、ログオフした時点で、一切の情報を自動消去する仕組みの為、大事な園児の個人情報が守られますので、便利で安心して利用できるシステムだと感じました。

Kid’s View(キッズビュー)の特徴

スマートフォン・携帯電話との連動

お手持ちのスマホ・携帯からいつでも気軽にログインをして、こどもの記録を登録することができます。ついては、業務のすきま時間を活用できるので、忙しい先生方にはとても便利です。また、これらの情報は、パソコンと完全連動しています。さらに「ケータイ連絡くん」 を導入すれば、緊急連絡やお知らせ等を保護者に配信することも可能です。

ASPを利用し、簡単導入

インターネットに接続できるパソコンさえあれば、どこでも使用可能です。必要なアプリケーション機能をネットワーク経由で提供するASPシステムは、重要情報をパソコン側に残さないため、パソコンの放置や持ち出し時も安全性を担保します。

要録作成システムの導入

「要録作成」は平成21年度より義務化されましたが、Kid′sViewは年齢ごとの発達チェックシステムを連動させた日本初の幼稚園・保育園・こども園用要録作成システムを導入しています。様式も各施設に合わせたもので、アドバイス表示に従い、誰でも簡単に作成することができます。

機能一覧

指導計画クラス日誌個人別日誌事故報告書保育要録登降園管理保育料自動計算保護者請求職員出勤管理午睡チェックシフト作成
献立作成検温・排便チェック給食チェック身長・体重チェックアンケート行事予定管理園児台帳連絡帳作成出欠受付写真販売在園状況確認

導入支援サービスについて

初期設定支援サービス

Webサイトに情報は掲載されていませんでした。

職員研修

Webサイトに情報は掲載されていませんでした。

その他サービス

・今月のお誕生日
・今日は何の日
・「携帯れんらくくん」メール配信機能
・予防接種確認表

価格

価格(導入費)※税抜

導入時に必要となる費用については、非公開となっています。

価格(サービス利用料)※税抜

登録される園児数や、各種オプションサービスの申し込みによって異なるようで、利用料金については非公開となっています。

こんな方におすすめ

  • リコーが代理店として導入をサポート
  • パッケージシステムなので、導入が簡単です
  • 豊富な帳票が用意されている

サイト管理者より

キッズビューは代理店制度を使った販売に力を入れており、特に全国に営業拠点を持つリコーのサービススタッフがサービスの案内を行っているのは、園の経営者にとって安心感があるかと思います。
一方でシステムの作りやインターフェイス自体は1世代前という印象で、使い勝手を良くするための改修や利用者からの声を吸い上げて機能開発に反映する姿勢などについては疑問が残ります。
導入園数は2019年1月時点で、1,000施設程と聞いており保育園向けシステムの中では比較的利用者の多いサービスですので、その点は安心ができるかと思います。